ゴミパソ再生術

2016年7月13日水曜日

【Tips】お手軽に Win機で git や GitHub を使う

またしても忘備録的メモです。
GitHub を使う必要があり、まず、 git(ギット) や GitHub の概念を予習。



あたりがわかりやすかった。ざっくりいえば、

  git はローカルリポジトリでのプロジェクト管理コマンド群

  GitHub は git プロジェクトに対応したリモートのリポジトリ
    (クラウド型サービスといったらいいか?)

ということらしい。GitHub にはけっこうお世話になっているが、裏ではこんな感じで運用されてたんですか。知らんかった。今まで、プログラム落としてばっかりでごめんね (_ _)

ところで、今回はそんなにがしがし使う必要性がなかったので(さる筋から頼まれたからプログラムを上げて、たまに更新するだけ)、日常使いの Win機(ノートPC)でなんとかしたかった。
 ところが、ネット上で調べると Git For Windows を使えだの SourceTree を使えだのという記事ばっかり。開発用のモンスター級のデスクトップ機持ってたら、これでいいんでしょうが、非力なノートPCに入れる気はまったくおこらず、この路線はすべて却下。

 幸いなことに愛機(XPS13)には、VMware Player 上に Ubuntu が走っているので、ここから、git を使うことにした(というかもともと使えるようになっている)。

  まず、GitHub にアカウントを登録。当然、二段階認証はオン。SSH接続させたかったので Ubuntu で秘密鍵と公開鍵つくって、公開鍵を GitHub アカウントに登録。ターミナルから
   ssh -T git@github.com
で、SSHで接続されているか確認。

 次に、適切なところに git で管理したいディレクトリを作成。ホストOS(Win10)との共有フォルダから必要なファイル・ディレクトリをここにコピー。後は Unix 系 git のお作法にしたがって、ローカルリポジトリを作成し、GitHub に push 。

 commit だの add だのでてきて、最初は慣れなかったが、使っていくうちになんとなく使えるようになってきた。単純に上げるだけなら以下のような形式化された手順ですむ。具体的には以下の通り。

 1.git init でフォルダ内プロジェクトの初期化
 2.git add LICENSE(だとかフォルダ名だとか) で必要なファイルをインデックス?に追加
 3.git commit -m "UPDATE(とかわかりやすいコメントをつける)" でコミット。

ここまででローカルのリポジトリは、ひとまず完成。次にリモートに上げる。

 4.最初に上げる場合は、
         git remote add origin git@github.com:user_name/repository_name.git
   でリモートリポジトリ名を指定。
 5.最後は git push -u origin master でリモートに上げる(サーバーの応答はけっこう高速)。

実際に開発して管理するとなると大変そうだが、今回の案件だとこんなもんですんだ。

 もうちょっと突っ込んだ使い込みをしたい場合は、やはり成書が必要でしょう。『Git ポケットリファンレンス』が評判よいようです。



0 件のコメント:

コメントを投稿